スリープマスターが教える。正しい枕のお手入れ法!

スリープマスターが教える。正しい枕のお手入れ法!

枕の正しいお手入れ法を知って、汚れとニオイにさようなら!

毎晩、お風呂に入って、身体や髪をきれいにしても、寝ているときの枕が不衛生だったら、元も子もありません。不衛生な枕は、寝ている間にダニ・雑菌・ニオイまでも髪や頭皮に移り、髪にもダメージを与えます。

もちろん、そこに寝返りをして顔をつけるのですから、吹き出物やニキビの原因にもなります。

そのためにも、枕には必ずカバーをしましょう。枕自体を洗うことはなかなか一苦労になるので、カバーをマメに洗うことで、枕自体に汚れが移りにくく、清潔さが保たれます。

枕カバーを洗う頻度はどのくらいがいいの?

枕カバーはどのくらいの頻度で洗っていますか?

毎日?

1週間?

2週間?

衛生面だけを考えたら、「毎日洗う」のがベストなのかもしれません。

ちなみに、私は1週間程度で変えてる・・・ハズです。(-_-)

(うちの嫁が…)枕の洗濯

同じ枕カバーを長時間使用していると、寝汗、皮脂、フケ、垢などで肌荒れの原因にもなりますし、髪が濡れたまま寝ることも良くありません。夏は寝汗も多くなり、冬よりも頻繁に変えるのが良いですね。

非常に結論付けにくいですが、できる範囲でマメに洗いましょうね。2~3枚洗い替えを用意して、取り換えましょう。

『カバーを取り付けたり、外したりするのがめんどくさい!』という人には、枕カバーをした上にタオルを巻くのも良い方法です。

その際、あまりグルグル巻きすぎると枕の高さが変わってしまうので、オーダーメイド枕などを使用している人は注意しましょう。

枕カバーの正しいお洗濯法は?

基本は、洗濯機に入れるだけで良いのですが、スリープマスターの立場から少しアドバイスさせていただきます。

柔軟剤はできるだけ使用しないこと

まくらにタオルをしている人で、特に『今治タオル』など肌さわりの良いタオルは使用しないこと。柔軟剤を使うことで、本来の吸水性を低下させてしまうからです。枕カバーで最も大切なことは、睡眠中の汗や湿気を吸うコト。吸水性が悪いカバーを使用していると、ムレ感が感じやすく、睡眠の質にも影響します。

できるだけ水を多めにして洗うことがベストです。

どうしても柔軟剤を入れたい場合は、繊維が硬くなってしまったときだけと覚えておきましょう。

※これは、通常のタオルやバスタオルにもいえます。

通常のカバーを洗う際にも、柔軟剤はできるだけ使用しないほうが良いでしょう。

最近では、吸水性を悪くしないような柔軟剤入りの洗剤もあるようなので、普段使う洗剤を一度チェックするのも良いかもしれません。

枕そのもののお手入れ法はどうしたらいいの?

『カバーは洗ったことがあるけど、まくらは洗ったことない』

『そもそも、洗える枕じゃない』

『枕に黄ばみがあるけど、カバーをしてみて見ぬふりをしている』

長年使用していると、当然枕自体にも寝汗や雑菌が付着してきます。

まずは、枕自体が洗えるかをチェックする

現在の表示はこちらです。

新潟の場合、冬に枕を洗うことは現実的ではありませんので、夏場に限られると思います。

私の妻も一年に1度夏に洗ってくれますが、やはり、いいもので『さっぱり』した感じが気持ちいですね。

低反発ウレタンなど洗えない枕のお手入れ法

パイプ状のまくらはほぼ洗えますが、低反発などウレタン製品や天然素材など洗えない素材の場合は、陰干しや、湿っぽく感じたら短時間の天日干しも場合によっては行ってください。

お手入れをどの程度するかどうかで、枕の快適さや寿命も決まる!

毎日使う枕をどのように手入れするかどうかで、枕の寿命が決まります。

そのようなことから、当店ではオーダーメイド枕を購入していただいた方には『高さ調整』と『枕の除菌消臭』をする【定期メンテナンスパック】をご利用いただいております。

オーダーメイド枕でも、毎晩毎晩、重い頭を支えていますから、高さや形も変化しますし、においや雑菌が付着してきます。

定期的に『除菌消臭』することで、清潔に、心地よく使えるようになります。

当店の【オーダーメイド枕定期メンテナンス】についてはこちらから。

スリープマスターも愛用。枕の湿気・ニオイ対策におススメアイテム

枕、枕カバーのお手入れ法を紹介してきましたが、

『正直、面倒くさい』

『忙しくて、時間がない』

『主人や子供の枕のニオイが気になる』

そんな方に、私自身使用していておすすめアイテムがありますのでご紹介します。

『コレ』

ベージュ色した、カバーみたいなやつです。

ちょうど、枕が1つ入れられるサイズになっていて、ここに『ポン』と枕を朝入れるだけ。

これだけです。あなたが、仕事に行っている間、買い物に出かけている間にこれが、枕のニオイや湿気を取ってくれています。時間がなくて忙しい方や、枕のニオイ・汚れが気になる方にとても喜んでいただけると思いますよ。ぜひ、試してみてください。

『ピロケア』

朝起きたら、枕をこれに『ポン』と入れておくだけで、体臭や加齢臭の元となる4つのニオイを軽減。さらに、除湿機能により、まくらの湿気を取り除いてくれる便利なヤツです。

詳しくは、お店スタッフにお尋ねください。

※本体価格3,500円+税となります。

その他のお手入れ法を知りたい。羽毛ふとんのメンテナンスについて知りたい方はこちら。

トップへ戻る