秋おすすめアイテム(敷きパッド編)

秋おすすめアイテム(敷きパッド編)

~秋のおすすめアイテム(敷きパッド編)~

敷パッドシーツ

フローリングや畳で敷布団やマットレスを敷いて寝ている人でも、ベッドでスプリングマットで寝ている人も、敷パッドやシーツ。どちらも敷き寝具の上に敷いて使うものです。

【敷パッドシーツ】はその【敷パッド】と【シーツ】を合わせたような商品のこと。

使い方としてはお使いの敷き寝具の上に、これを敷いて、直接お休みください。

お洗濯する際は、四隅についているゴムをパッととって洗えます。

敷パッドシーツの役割

敷パッドを使うことで、敷きふとん・マットレス本体を保護するだけでなく、耐久性を高める効果も期待できます。

季節に合わせて最適な敷パッドで眠りの質を高める!

シーツや敷パッドは、どちらかといえば商品の保護の役目が強いと思っている人も多いと思いますが、

快適な眠りのためには、【寝床内気象】といって睡眠中の寝具と体にできる隙間の温度・湿度を考える必要があります。

これから迎える秋冬には、特に保温性を重視して選ぶと良いでしょう。

また、敷パッドシーツは直接肌に触れながら使うので、商品の持つ風合いや肌さわりもさまざま。

店頭で触り比べてみることもおすすめです。

快適な敷パッドを選ぶポイント

天然素材がおすすめです

敷パッドとして使われる天然素材には、綿、ウールが多いです。

今多くの敷パッドシーツで使用される【ポリエステル】のような化学繊維は繊維が非常に細いため、肌さわりが良いものが多いです。価格も比較的安価なものが多いので、結構使われている人も多いかと思います。天然素材は、吸湿性、保温性が良いものが多く、睡眠中に快適な温度、湿度を保ちやすいです。

ただ、石油から作られている化学繊維には、天然繊維のような吸湿性が乏しいため、睡眠中の湿度が高くなりやすく、ムレやすいという特徴があります。

また、静電気も多く、ホコチやチリを寄せ付けてしまう面も。。。

私事ですが、私の子供たちはぜんそく気味なので、生まれてからずっと天然素材の敷パッドしか使わせていません。ポリエステル系の敷パッドは確かに肌さわりもなめらかで、子供も喜びそうですが、特に汗の多い成長期の子供には価格繊維の敷パッドよりは、【天然素材の敷パッド】敷パッドを使わせています。

どうしても、買いやすい価格が多いので、手を取ってしまいがちですが、

眠りの質を求めている方なら、今年は、天然素材の敷パッドを試してみてはいかがでしょうか?

スリープマスター厳選敷パッドはこちら。

ぜひ、店頭で触り比べてみてください。

トップへ戻る