夏の快適睡眠法

夏の快適睡眠法

夏は睡眠不足が増える理由!

今年は日本各地で史上最速で梅雨明けをした地域も多く、今年の夏は、暑くて、長そう。。。

特に近年はエアコン使用で激しい屋外と屋内の気温差があります。これは、夏と冬を行き来しているようなもので、さらに1日に何度もこの気温差にさらされる私たち。

実は、こうしたことで、身体のバランスを整えている自律神経が疲れてしまい、自律神経系のバランスが崩れていきます。

結果、〈胃腸の不調、食欲低下、睡眠障害、めまい、抗うつ〉といった症状がおこってくるのです。

また、インターネット、スマホの普及により、夜になってもブルーライトを浴びる時間が増えています。そのため、日頃から自律神経系は疲労がたまっているので、夏の気温差によりさらに自律神経が乱れることに。

夏に睡眠を味方にするために!

睡眠の〈質)を高める方法 ~環境編~

【寝室環境】理想は温度26度/湿度50~60%

①寝室にこもった熱や湿気を逃がす

寝室は日中の熱が逃げにくく、湿度もたまりやすいため、窓や扉、クローゼット、押入れなど開けられる個所は開けて、たまった熱や湿気を逃がしましょう。これをするかしないかで、エアコンをつけた際の消費電力を抑えることにもつながります。

②効果的なエアコンの活用法

快適な眠りには、快適な寝室環境が必要です。そのために、寝る2~3時間前にエアコンを活用し、室温が26度くらい(←これポイントです)になるまで、しっかり寝室を冷ましましょう。

エアコンで28度設定にしていても、寝室の実測値で26度程度にしておくことが良いです。

そして、寝付くころにはエアコンのお休みモードなどをうまく活用するのがおすすめ。

タイマー設定で1時間とかでエアコンが切れるように使う方も多いと思いますが、熱帯夜では、エアコン停止後に室温が急上昇し、結果その暑さで睡眠が妨げられては、質の良い睡眠が得られないだけでなく、十分な睡眠時間も確保できなくなりますので、朝までエアコンはつけておいたほうが良いでしょう。

※その際はエアコンの風が当たらないように工夫したり、サーキュレーターや扇風機を利用してください。

③入浴 しっかりと湯船に浸かる

先ほど紹介したように、夏は屋内と屋外の気温差が激しいため自律神経が乱れがち。

乱れた自律神経を整えるのには「入浴」がおすすめ。

①眠りにつきたい時間を決める

②その時間の1~2時間程度前に入浴を済ませる。

入浴後はいったん体温が上がりますが、その後90分程度で体温が下がります。この体温低下のタイミングと入眠のタイミングを揃えることが、良い睡眠につながっていきます。

夏は38℃程度のぬるめのお湯に15~20分程度つかることがベスト。

『暑いのに湯船に浸かったら余計に汗をかいてしまう』という方がいますが、帰宅したらシャワーを浴びて汗を流したい場合は、先にシャワーを浴びてOKです。

でも、夏を健康的に乗り切りたいなら、やっぱり湯船に浸かることがおすすめです。

最後に、シャワーでは得られない入浴の効果を挙げておきますね。

1.血行が良くなる

湯船に浸かることで血管が拡張し血流が良くなり、新陳代謝があがります。結果として疲れが残りにくくなったり、筋肉痛を和らげます。

2.むくみを改善

湯船に浸かることで『水圧』がかかります。その圧力により、手足のたまった血液が押し戻され、リンパの流れも良くなり、むくみを改善。

睡眠の〈質)を高める方法 ~寝具編~

寝具環境【快適寝床内環境 温度33±1℃ 湿度50±5%】

快適寝床内環境とは、寝ている人と寝具の間にできる空間の温度と湿度のこと。

快適な寝室環境が整ったら、次は夏に使用する寝具の話です。

睡眠中は、体温の低下、発汗、寝返りといった生理現象が見られます。

このことからも、寝具選びは大切です。特に夏は放湿性、吸湿性に優れた寝具を使うことで、質の良い眠りにつながります。

夏の眠り おすすめ敷パッド

①近江麻の敷パッド

麻は、天然素材で最も涼しいと言われる素材です。この敷パッドを使った方が、「もう手放せない」「今まで使っていたクールパッドとは全然違う」といわれるのは、睡眠中の背中の熱さを素早く逃がすからです。

また、麻は吸湿性も高いため、夏に多くなる汗を素早く吸取ってくれるから、背中のジメジメ感を感じずに朝まで心地よさをキープしてくれます。

さらに、麻は洗うたびに強くなる性質があるので、汗をかいても家庭で気兼ねなく洗うことができます。

この近江麻の敷パッドは、当店でも毎年好評で7月中旬頃には完売するので、気になる方はお早めにお問い合わせいただくか、ご来店の上その心地よさをお確かめください。

②アウトラスト使用の麻敷パッド

こちらは、当店夏の敷パッドでは一番品質も価格もNo1アイテムです。

フランス・サフィラン社の良質なリネンを使用しているのはもちろんですが、さらに中に「アウトラスト」という「暑い・寒い」をちょうどいいにする素材が内蔵されています。

NASAのために開発されたアウトラストの温度調節機能のヒミツは、2〜30ミクロンという小さなマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックス。体からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出するという働きで、快適な体感温度へとコントロール。

暑がりな人ほど、快適に感じるのも特徴です。

今年は、昨年以上にこちらを選ぶ方が多く、在庫薄状態ですので、ご興味のある方は今すぐお問い合わせください。

商品についてのお問い合わせは、ラインで承っております。

こちらからどうぞ!

友だち追加

トップへ戻る