開催日:8月9日(金)~8月18日(日)
夏のギャッベ展

夏のギャッベ展

恒例!夏のギャッベ展が開催されます

イランの遊牧民が織り上げるじゅうたん=【ギャッベ】が集まります!

8月9日(金)~18日(日) 9:30~18:00

8月13日(火)は午後4時まで 8月14・15日はお休み

『暑い夏に‟じゅうたん”?』って思う人も多いと思いますが、ギャッベはイランの寒暖差の激しい高地にいる『羊(ウール)』を使用しています。

主にセーターやスーツにも使用されるので身近な素材で「温かい」というイメージを持つ方も多いと思います。しかし天然ウールのすばらしさは他にもたくさんあります。

〇ウールの特徴〇

①熱伝導率が低いので、冬はあたたかく、夏は涼しい。

②吸湿性に優れている。

③撥水性があり汚れにくい。

一年中快適に敷いておけるじゅうたんです

このような理由から、ギャッベをお使いの方の多くは一年中敷いてご愛用頂いています。

そもそも、「ギャッベ」はイランの山岳地帯に住んでいた遊牧民が生活のために使用していたもの。朝夕の寒暖差が激しい厳しい環境で快適に生活をするため必要だったのかもしれません。

草木染めの色合いと手織りのあたたかさ

ギャッベはそのほとんどが草木染め、そのやさしい色合いに惹かれる方も多く、また、1点1点すべてデザインも異なります。

ギャッベの文様にはひとつひとつ意味がある

よ~くギャッベを眺めていると、様々な文様が描かれています。「生命の樹」と呼ばれる文様をはじめ、動物や幾何学模様など・・・。

独特なデザインの中に、一種の安心感を感じられます。

大小合わせて250枚以上が勢揃いします!

トップへ戻る