開催日:3月11日(月)~2019年3月31日(日)
春の新生活ベッドフェア開催中

春の新生活ベッドフェア開催中

春の新生活ベッドフェア開催中

ご存知ですか3月18日は【睡眠の日】

3月18日は世界睡眠医学協会が定めている【世界睡眠デー】

日本は、この人は別に、9月3日秋の睡眠の日として、春と秋の睡眠の日としています。

近年、睡眠の大切さは広く認知されるようになってきました。でも、まだまだ定着しているとは思えませんので、地道ではありますが、我々のような小さな店でもこういったブログを通して発信していこうと思っています。

ベッドは家具としてではなく、【寝具】として見ると選ぶポイントも変わってくる!

一般的には、ベッドというと家具屋さんやインテリアショップで選ぶ方が多いと思います。

ベッドを【家具】として選ぶのであれば、デザイン性や機能性・色合い・素材などだけで選ぶことになるかと思います。

ベッドのサイズ選びで失敗しない為に!

ベッドを選ぶうえで、ベッドのデザインやマットレスの機能も大切ですが、まずは『サイズをどうする?』と考える方も多いと思います。

理想的なベッドサイズを知っておこう!

ベッドのサイズは

・シングル・セミダブル・ダブル・ワイドダブル・クイーン・キング

と様々。ベッドは部屋に占める割合が大きいので、サイズ選びは慎重にしましょう。

意外にサイズ選びに関して誤解している人が多いのでご紹介します。

二人で寝るからダブルサイズは間違い!
主に新婚さんや若い夫婦に多いのですが、二人で寝るから「ダブル」と決めつけている方も意外に多くいらっしゃいます。46 40
 
一般男性の平均的な肩幅は約46cm前後 一般女性は約40cm前後 と言われています。
単純計算で46+40cm=86cm
 
ダブルサイズのベッドの幅は約140cmが一般的なので、これだけ見ると問題なさそうです。
 
二人で寝る場合は寝返りのしやすさが重要!
二人用のベッドと言えば「ダブル」と決めつけるのは危険です。
睡眠中、私たちはスムーズな寝返りをすることで、骨盤のゆがみをとったり、血行を妨げないようにしています。つまり寝返りが打ちづらくなること=「睡眠の質が低下する」ことにつながります。
大人一人がスムーズに寝返りをするには最低でも80~90cmは必要だと思っています。
 
~実際にダブルベッドを使用している人が感じる不満~
 
・寝返りがうちずらい
・隣のパートナーの寝返りで目が覚めてしまう
・掛けふとんを引っ張り合って、寝ずらい
・朝起きると、肩や腰がつらい
つまり、よほど小柄な方以外はダブルベッドに二人で寝るというのは当店ではオススメしておりません。もちろん、スペース的に制約がある場合は致し方ないと思います。
 
ホテルでツインルームに泊まった時に、広々とした感じを経験したことのある方もいると面ますが、特に海外のホテルではダブルベッドは1人用。ツインルームはそれを2台入れているケースがあります。
 
結論 ダブルベッドはゆったり眠ることはできないサイズということを知っておこう
 
寝具やベッドは一度購入するとなかなか買い替えないものですから、あとで後悔しないためにも眠りのプロに一度ご相談してみてください。
 
当店では、ベッドフェアも開催中です。
 
 
 
トップへ戻る